早漏だからってバカにすんなよー!

早漏は男性にとってはちょっと悲しいことかもしれません。性行為で射精が早いということは女性が満足していなくバカにされることがあるかもしれません。バカにされないためにも薬などで対処しましょう!

敏感な方向けの早漏治療薬

亀頭やカリが敏感すぎると挿入しても1分と持たずに射精してしまう場合がありますが、何度も続くようになると、パートナーとの関係が微妙になってしまいます。
性行為時に感じる敏感すぎる衝動を押させる薬がすでにあります。
医療用のものでは、プリリジーが知られるようになりました。
有効成分ダポキシーにより、セロトニンの濃度を維持するため、射精時間を3倍ほどに延ばすことが期待できます。
プリリジーは早漏治療薬なので、泌尿器科クリニックで処方してもらえますが、気恥ずかしいと感じる方もおられます。
そんな時に、力となるのが市販薬です。
医療用に比較すると効果のほどに個人差がありますが、性交渉前に局所麻酔成分が含まれたクリームやジェル、スプレーなどを吹きかけなじませます。
数分後シャワーで洗い流して、ことに挑むだけです。
局所麻酔成分が敏感な感覚を抑えることで、中折や早漏を防止してくれます。
敏感な方の場合では、セックスの仕方にも注意しましょう。
挿入してから激しくピストン運動するのではなく、キスなどのペッティングを継続することで、ゆっくり動くと良いでしょう。
市販薬を使っても効果を実感できない場合には、プリリジーを試してみましょう。
プリリジーは、セックスに欠かせないリラックス成分であるセロトニン濃度を維持するため、セロトニンを取り込むセロトニントランスポーターのは働きを阻害します。
効果を実感する方が70%~80%と多くなっているので、早漏治療の決め手といえる治療薬です。
敏感すぎて早漏で悩んでいるなら、ペッティングや愛撫を中心としたセックスを重視し、市販薬で敏感差を抑制すると良いでしょう。
性交渉に自信が持てれば積極的な人生を送れます。